2015PCC イブニングセッション「理工系eラーニングを考える 〜数式自動採点をきっかけに」

2015 PC Conferenceでイブニング・セッションを企画しました

  • 日時:2015年8月20日(木)18:30-20:00
  • 場所:富山大学(詳細な会場は後日お知らせします)
  • 参加費:500円(軽食をご用意いたします)
  • 備考:できるだけ,PCC参加登録の際,本イブニング・セッションへの参加をご指定ください。もちろん,飛び入り参加も歓迎いたします

概要

本企画は,数学などの理工系講義におけるICT活用についての気軽な意見交換を目的とします。例えば,反転学習,MOOCsなどでは,オンラインによる確認テスト,課題の提出が行われており,オンラインテストの効果的かつ効率的な活用が求められます。我々は,解答を選択式ではなく数式で入力させ,その正誤評価を行うことのできるオンラインテストシステムの開発・運用に携わり,その有用性を実感する一方で,様々な課題に直面しました。例えば,(1)システムに依存しない良質な問題の共有,(2)数式入力支援,(3)様々な学習スタイルに応じた学習端末の可能性,などです。本企画では,それらの課題の共有と解決に向けての取り組みを紹介するとともに,理工系ICT利用教育一般についても,様々な課題,意見を提示していただき,理工系eラーニングを発展させるための必要条件を模索したいと考えています。

企画内容

  • 話題提供(40分程度)
    • 趣旨説明(中村)
    • CASを活用したオンラインテスト総括(中原)
    • Maple T.A. User Summit参加報告(サイバネットシステム:加藤氏)
    • 問題共有に向けた仕様策定(吉冨)
    • 数式入力支援(武庫川女子大学:白井氏)
  • フリーディスカッション(50分程度)

企画提案者:
中村泰之(名古屋大学)
吉冨賢太郎(大阪府立大学)
中原敬広(合同会社三玄舎)

Last modified: Friday, 7 August 2015, 2:04 AM